希望職種と適材適所

求人にはさまざな職種があり求職者は自分の得意分野を選択して応募すればよいわけですが現実には営業部門の採用が圧倒的に多く現実です。ハローワークで企画やマーケティング、知的財産と言った職種を探すことはなかなか難しいようです。経理や財務は経験者に限っての求人は多くはありませんが探すことができます。、ハローワークでは営業社員の募集が主体でルートセールスやノルマの厳しいものがほとんどです。ルートセールスは決められたエリアを定期的に廻るので仕事も覚えやすく比較的溶け込みやすいのですがノルマの厳しい営業は内定が出て入社してもなかなか成績を上げることが出来ずまた歩合制を敷いていたりしていて定着率もあまり良いとは言えません。
新卒求人で採用試験に応募する場合も希望職種は間接部門よりは営業部門にしてしまいがちです。本人の適性を考えて間接部門を希望しても問題はないわけですが営業を第一志望にしてしまうのは営業を第一志望にすれば企業にやる気があるよう印象づけるねらいも有りそうです。総務や人事より営業の方が若々しく企業の第一線で活躍している様子がうかがえます。従って自分は事務職の方が向いていると思っても営業がやりたいと言って採用担当者にアッピールするわけです。
しかし、大企業では組織も細分化されているので人事異動を繰り返してやりたい仕事がめぐってくる可能性もあります。また企業では適材適所ということが好ましい会社の在り方だと言うことは認識しているので良質な企業であれば希望のセクションに配属され生き生き働くことができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です